読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真で見るヨーロッパ旅行記

旅行で訪れたフランス,イタリア,スペイン,ドイツ,オランダ,ベルギー,フィンランド,スウェーデン,ノルウェー,オーストリアを写真つきで紹介していくブログ.

テロの可能性もある?ベルリン・クリスマスマーケットにトラックが突っ込む事故が発生,12人が死亡

広告 JTB海外旅行パック

昨夜,ベルリンでクリスマスマーケットにトラックが突っ込むという事件が起きました.まだ事件の動機など断定できていないようですが,現状,「トラックは意図的に群集に突っ込んだ」という見方が強い様子です.テロの可能性も踏まえて,現状調査を進めているようです.

現在までに12人の死亡が確認されているようです.今の季節,ヨーロッパの各地・各都市で開催されているクリスマスマーケット,訪れる予定の方も多いはず.その方は是非注意を払って行動してください.

www.asahi.com

matome.naver.jp

ベルリン・クリスマスマーケットの悲劇

本ブログでも何度も紹介しているクリスマスマーケット.私も,特にドイツのクリスマスマーケットは大好きだったのに,このような事件が起きてしまうと足を運びにくくなってしまいますよね。。

f:id:ooenoohji:20161220183903j:plain

ドイツのクリスマスマーケットには本当に多くの人が訪れます.私も数年前にドイツの各地のクリスマスマーケットを回る旅行をしましたが,会場は時におしくらまんじゅう状態になるほどの混雑でした.そこにトラックが突っ込むなんて・・・多くの方が犠牲になってしまうのは間違いないし,もし直前に異変に気付いたとしても逃げようがありません.

  【スポンサーサイト】

大きなイベントに参加される方は注意!!

今年の夏は南フランスのニースで,同じように群集にトラックが突っ込む事件がありました.そのときは80人以上の死亡者が出ました.その日は7月14日でフランスの革命記念日,ニースの海沿いで花火が打ち上げられるため,多くの人が集まっていました

やはり大きなイベントは標的にされやすいと思います.せっかくのみんなで楽しめるイベントなのに・・・純粋に楽しめなくなってしまいますよね.

後遺症も心配

ニースのテロの後,後遺症が残りました.いつもにぎわっているビーチには人が少ないし,レストランも客足がかなり減ったそうです.そして当然,そこに住んでいる人たちは(半ば無理やり元気に振舞っていましたが)悲しみをなかなか拭えないでいたでしょう.私はニースに住んでいるのですが,やはりテロの後は,何をするにしてもあのときのことが頭をよぎります.ベルリンでもきっとこのような後遺症に悩まされるでしょう.さらにクリスマスマーケットという世界的に有名なイベントで起きてしまった事件なので,そのインパクトはベルリンにとどまらず,ヨーロッパ全体,世界全体に渡ってしまうかもしれません.

まとめ

年末にヨーロッパを旅行する方は特に注意を払ってくださいね.人ごみはなるべく避けたほうがよいと思います.まだ確定していませんが,この事件がテロだった場合,連鎖する可能性もあるのでニュースもチェックしておきましょう.