写真で見るヨーロッパ旅行記

旅行で訪れたフランス,イタリア,スペイン,ドイツ,オランダ,ベルギー,フィンランド,スウェーデン,ノルウェー,オーストリアを写真つきで紹介していくブログ.

イタリア: ピサの斜塔は本当に傾いていた

広告 JTB海外旅行パック

ネットやテレビで誰でも一度は見たことがあるといっても過言ではないイタリア・ピサの斜塔。ピサ自体はそれほど大きな街ではありませんが、この斜塔の知名度が突出していて、子供のころの私にはピサの斜塔ヴェネツィアフィレンツェと並ぶほどでした。そして先日、フィレンツェの旅行と併せてピサへ行き、ついに斜塔を見ることができました。感想は「本当に傾いてる!!」 

本記事の目次

【スポンサーサイト】

 

Pisa(ピサ)

イタリアはトスカーナ州に位置するPisa(ピサ)。前述したとおり、それほど大きな都市ではありません。人工は約8万6000人だそうです。みどころとしては、もちろんピサの斜塔。そして同じメラコリ広場内にあるピサ大聖堂、ドゥオモなどが挙げられます。

ピサ - Wikipedia

ピサの斜塔周辺はこのような芝生の広場になっています。私が訪れたのはお昼どきだったので、学生と思われる若い人たちがランチしたり日向ぼっこしていました。私は車で訪れたので、ロングドライブに疲れた長男もこの広場を駆け回ってリフレッシュしていました。

アクセス

とても小さな街なので、半日あれば十分回れてしまいます。私達は子連れでしたが、昼食込みで3時間程度の滞在でした。

ピサの斜塔

ピサといえばやはりピサの斜塔。その高さもあってか、存在感が大きかったです。観光客も当然、ピサの斜塔まわりが一番多かったです。

入り口付近の行列は中に入るためのものです。たしか、最上階までは行けませんが、途中までなら登れたはず。もし最上階に人がたくさん溜まったら倒れちゃいそうですもんね(笑)

ピサ大聖堂

このピサ大聖堂も斜塔に継ぐみどころの一つです。すごく立派な建物だし、近寄って見ると細かい装飾がとても綺麗です。周りの芝生も綺麗なので、綺麗な写真が撮れると思います。

ピサ大聖堂の入り口。とても立派です。場所としてはピサの斜塔のすぐ横に位置しています。ちなみにドゥオモもすぐ横にあります。

入り口の装飾。良く見るととても細かい!とても美しいです。特に柱や扉などに「彫ってある」柄がすごい。壁画も素敵ですが、さらに手間が掛かっているであろう彫刻の美しさに感動します。

ピサのドゥオモ

ピサ大聖堂のすぐ横にドゥオモがあります。つまり同じ広場内に全ての見所がつまっています。観光しやすい(笑)。これらの建築物は統一感があってとても綺麗ですね。全ての建築物を一枚の写真に収めてもすごく綺麗だったな。。撮ればよかった。。

お決まりのポーズ

ピサの斜塔と写真を撮るときのお決まりポーズはこちら。傾いている塔を支えるポーズ。これはみんなやってました。私もやりました(笑)。みなさんもこの定番ポーズを取って、インスタグラムにアップしてみてください(笑)

ポーズを反対から見るとこんな感じ。なんだか広場で太極拳をやっているアジア人って感じです(笑)。自分もその一人だったのですが。

まとめ

小さな街なので、すぐに見終わってしまいますが、それでもピサの斜塔は見る価値あり!若干アクセスが悪いですが、イタリア旅行で少しでも余裕があったらピサやトスカーナ地方を回って見るのはいかがでしょうか?

 ちなみに私はフィガロ大好きなので、トスカーナなどヨーロッパの少し田舎よりのところをフィガロで調べて観光していました。定番の観光名所もいいですが、田舎もとても綺麗ですよ。オススメです。