読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真で見るヨーロッパ旅行記

旅行で訪れたフランス,イタリア,スペイン,ドイツ,オランダ,ベルギー,フィンランド,スウェーデン,ノルウェー,オーストリアを写真つきで紹介していくブログ.

トルコ・イスタンブール:新市街のガラタ塔とガラタ橋で売っているサバサンド

広告 JTB海外旅行パック

本記事では新市街のランドマーク,ガラタ塔と,ガラタ橋の近くで売っているサバサンドについて紹介.トラムを使ってガラタ橋を渡ると新市街が広がっています.その新市街において背の高さから一際目立つガラタ塔,まさにランドマークです.

 

上からの眺めがよいガラタ塔

高さ67メートルの新市街のランドマーク,ガラタ塔.6世紀の初めには灯台として利用されていたそうです.その後は牢獄や天文台としても利用されたようです.また,写真からはわかりませんが,とんがり帽子が特徴的なガラタ塔ですが,とんがり帽子部分は近年付け加えられたものだそうです.

ガラタ塔の上まで登るとトルコの町を見渡せます.

このガラタ塔のメインはこの景色でしょう.ヨーロッパともアジアとも違う街並が広がっています.

 

遠くにはモスクも見えます.存在感ありますね.

最上階にはレストランがある

ガラタ塔の最上階へはエレベータで登れます.上まで登るとレストランがあります.また,私は行けませんでしたが,夜にはナイトクラブができるそうです.ナイトクラブではベリーダンスのショーなどが開催されるそうです.

 

最上階のレストラン.とても綺麗で,しかも窓からの眺めがとてもよいです.

 

「とりあえずチャイ」,トルコでは思わずそういってしまうくらい,チャイを飲む機会があると思います.ここでもチャイを飲みました.

 

トルコのコーヒー,テュルク・カフヴェスィ.粉ごと煮出しているため,カップの底には粉が溜まっています.味は甘く,濃いコーヒーです.美味しいですよ.

 

名前は忘れましたが,クリームプリンにピスタッシュ?の粉末をかけたもの.美味しかったですよ.是非チャイと一緒に.

【スポンサードサイト】

【スポンサードサイト】

ガラタ塔へのアクセス

ガラタ塔へはトラムに乗って,カラキョイ(Karaköy)駅で下車.そこから坂道を登っていきます.

カラキョイ駅から少し歩きます.駅付近は交通量が多いため,道を渡るのが難しかったです.

 

カラキョイ駅からは結構な上り坂です.しかも階段や写真のような石畳。。ベビーカーを押す身としてはちょっときつかった.子連れの方は気をつけましょう.

 

駅と道の段差が少ないため,ベビーカーでも余裕でした.さらにトラムはとても綺麗で広かったため,子連れ旅行でも活用できます.

 

料金と営業時間

入場料:11TL(トルコリラ).

営業時間:9時~22時

 

中にはお土産屋さんもありました.

 

これはガラタ塔の中ではないのですが,ガラタ塔へ向かう途中のお土産屋さんで売っていたタイルです.柄がとても綺麗でしたよ.

ガラタ橋に売っているサバサンドがおいしい!

新市街への玄関,ガラタ橋は二階建てになっており,中にはたくさんのお店が並んでいます.ただ売っているものはナイキ,プーマの偽者とか・・・ある意味おもしろいですが.また,このガラタ橋で釣りをしている人はこの地域の名物らしいです.

このガラタ橋のエミノニュ(Eminönü)駅側にサバサンドが売っています.これがななかな美味しい!想像どおりの味ですが,日本人は海外でこれを食べるとほっとするはず(笑)

 

私は海外在住なので,このサバサンド,とても懐かしい味に感じました.素直に美味しかったです.

 

売り場は屋台のようになっており,簡単な椅子とテーブルで食べます.

 

サバサンドを作っているところはなんと舟の上.なので,売り場は波にゆられています(笑)

 

今回紹介したガラタ塔,ガラタ橋,サバサンドはいずれもガイドブックに載っている有名な観光地・名物なので,イスタンブールへ行った際には是非足を運んでみてください.