写真で見るヨーロッパ旅行記

旅行で訪れたフランス,イタリア,スペイン,ドイツ,オランダ,ベルギー,フィンランド,スウェーデン,ノルウェー,オーストリアを写真つきで紹介していくブログ.

イタリア・ヴェネツィア: ゴンドラに乗る!

広告 JTB海外旅行パック

ヴェネツィアベネチア)といえばゴンドラ!!運河を利用して,街中の観光名所を回ってくれます.下の写真は溜息の橋を通ったところです.

 

もう一度言います,ヴェネツィアベネチア)といえばゴンドラ!!
料金は少し高めですが,名所を回ることができるし,船からの眺めはまた格別です.このゴンドラが一番ヴェネツィアらしさを感じることができるかもしれません.

 

ゴンドラの料金

私が乗ったときは1時間,80ユーロでした.(これでも少しディスカウントしたんです,最初は1時間100ユーロと言われました)

このゴンドラ,決まった料金はないようです.
大体相場は40分(私の一時間はサービスだったのか?)で,19時前なら80ユーロ,19時以降は100ユーロ,なんだそうです.

私は家族3人で乗ったため,3人で80ユーロ払ったのですが,相乗りできるところもあるらしいので,それを使えば人数割りすることができます.

 

ゴンドラは街の中を通って行きます.歩いて回るのとは違った景色を見ることができます.

 

私たちが乗ったボートの漕ぎ手さんです.回りながらいろいろ解説してくれました.ヴェネツィアには橋がいくつあるんだよ,とか,船で角を曲がるとき,ぶつからないように声掛けするんだよ,とか.私の妻が「歌はうたってくれないの?」と聞くと,本物は歌わないんだとか(笑)歌ってくれるのはディズニーランドだけのようです.

 

私たちは夕暮れ時に乗りました.なので,後半は夕日を見ることができました.これがまた綺麗だった!

【スポンサードサイト】

【スポンサードサイト】

ゴンドラからの夕焼け

夕焼けのヴェネツィアゴンドラから撮影した写真を紹介します.なんとも贅沢な景色.ヴェネツィア旅行の最高の思い出の一つです.

 

私たちは夕日が沈む直前にゴンドラに乗り込みました.
(料金等は別の記事で説明したとおり)

夜のゴンドラもかなり魅力的でしたが,まずは明るいうちにということで日が落ちる前に乗り込みました.

明るいうちに乗ったというより,夕日が見れる時間に乗ったことが大正解!本当にうっとりするほど綺麗でした.

 

 

ゴンドラに乗り込んだ最初のうちは街の中を進んでいたのですが,日が暮れだして,大きな海に出た瞬間,感動するほど綺麗な景色が広がっていました.写真に写るのはドゥカーレ宮殿です.

 

夕日の中のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会.絵画を見ているのか,リアルな風景を見ているのかわからなくなります.

 

全ての建物が夕日に染まっていきます.360度,間違いなく綺麗です.

 

夕暮れ時にはたくさんのゴンドラが海に出ていました.ゴンドラは漕ぎ手にコースを指定すればリクエストに答えてくれます.シンプルに,「~を見たい」と言えばコースをアレンジしてくれるはずです.

 

 

A09 地球の歩き方 イタリア 2014~2015 (ガイドブック)

A09 地球の歩き方 イタリア 2014~2015 (ガイドブック)